ウィローモスを鉢底ネットでサンドイッチにする。

DSC00621
DSC00621
DSC00624
DSC00624
DSC00623
DSC00623
DSC00647
DSC00647
DSC00702
DSC00702
previous arrow
next arrow

5月4日(土曜日) ソイルの上にウィローモスを絨毯のように敷き詰めて芝生のようにしているサイトを見ることがありますけどもリシアネットを使ってウィローモスを育ててることが多いようです。自分好みのサイズでモスをフサフサに育てようとすると自作するしかなく簡単に作成する方法が鉢底ネットを使うことでリシアネットの代用ができるようになります。

今回使う材料は全てダイソーの100均で揃います。鉢底ネット2枚を使いタイルをオモリに使うので写真のようにオモリのタイルを結束バンドで固定して2枚の鉢底ネットの間に挟みこみ最上部にウィローモスを釣り糸(1号)で巻き付けました。もっときれいにウィローモスを巻き付ければよかったのですが、このままではどうしてもきれいにモスが伸びてこないのは確実かな。でも、せっかく巻き付けたので沈めてみることにしました。

1週間程して少し伸びてきたのですが、なんとなく気分的にきれいに伸びそうにないと思いまして、巻き付けたモスを外して鉢底ネットの間に均等に広げてから挟んで沈水してみました。鉢底ネットの格子の穴からモスが伸びてきれいに育つのを期待しながら待つことにします。上手いこと伸びて育ってほしいなぁ。

 

 

 

この記事はこちらのサイトを立ち上げる前の内容を自分のメモをもとに日付をさかのぼって紹介しています。日付が合いませんがご了承ください。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧