ロタラSP.Hraがまっすぐ伸びたのは・・・

先月に3日ほど岡山県の嫁の実家に遊びに行ったときのことでした。水槽の照明をいつもはタイマーでON/OFFしているのですけども3日間家をあけることになりましたがタイマーに任せてる留守中も照明を点けておこうかな?と思っていましたが、各水槽がコケ気味なので3日間なので照明を完全OFFで出かけました。

戻ってきてエビ水槽をみてみると写真の下のようにロタラ・ハラがまっすぐに伸びているではありませんか。いつもは上の写真のようにグニャグニャ伸伸びているのですが照明を3日間点けなかったのでこのようにまっすぐに伸びてしまいました。たった3日間でこんなにまっすぐ伸びるとは….。光を求めて水面に向かって行ったんでしょうね。すごい!! ロタラ系の水草って水面に向かって真っすぐに伸びて育ってくれませんよね。

スポンサーリンク

このロタラ・ハラは照明が弱ければまっすぐに伸びるのですが・・・もやしみたいになってしまいますし赤味もでません。照明を強めれば赤味はしっかり出てきますけどもグニャグニャと上の写真のように曲がって伸びてしまい見苦しいですね。赤味をしっかり出して真っすぐに育てる方法がないのかと最初は苦労しました。

解決方法は密に植えて育てることで互いに横にいったり曲がったりすることが出来なくなり逃げ道がなくなり水面に向かって伸びていくようになるとのことでした。なので増えるまでは曲がりクネって育ちますが横に植えた水草や流木等で逃げ道を塞ぐと水面に向かって育てられるようです。この写真では横方向にまだまだスペースがあるし前もガラガラです。

前には逃げれないように流木等を置いてみると真上にそだつような気がします。キューバパールの絨毯化を目指してるので流木選びも難しいような気もしますが、探してみようかなぁ。ゆっくり探してみるかぁ。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧