水替え時のカルキ抜きってどうされてますか??
ルシファー
ルシファー

20数年前にアクアリウムを始めた最初頃に水槽の水を1/3だけ交換する時の作業中のことなんですが、水道の蛇口からホースを伸ばしポリタンク等に水を一旦貯めてそこにカルキ抜き剤を入れてカルキ抜きしたタンクから水槽にポンプで戻してたんですが、作業中にうっかりしてポリタンクに貯めた水がカルキ抜きをした水だと思い込んでしまって、そのまま(カルキ抜きせずに)水槽に戻し就寝前に水槽を見たときに魚の異変に気付きカルキ抜き剤を投入したのはもちろんのこと、エアレーションを開始。残念ながらテトラやらグッピーやらヤマトヌマエビ等数匹が☆になってしまった経験があります。

スポンサーリンク

それから気をつけて水替えしてたんですが、やはり水替え作業を楽にするこの浄水器を買いたかったんですが中々購入に踏み切れず今回やっと購入しました。アクアリウムの水替えのために2万円弱も投資するのが色々考えることもありまして購入ができなかったのですが、買って利用してみると一旦水を貯めてから再度水を入れることを考えるとめちゃくちゃ便利です。時間も半分位で終わるし買って良かったという感想になります。買うまではかなりの根性がいりましたけど

水道の蛇口からこの浄水器を介して水槽にホースを向けるのはすごい快感です。こんな便利ならもっと早く買えば良かったなぁと思ってしまうほどで、いつもアクア用品の高額なものを買うと買ってからもモヤモヤ感が残るのですが今回はスッキリでしした。あとは、コスパの問題ですがフィルターがどれくらいの期間持つのかですが、水替え頻度にもよるでしょうし、これから探っていきたいと思います。これはお勧めの商品になりましたよ!

スポンサーリンク

ちなみにこのマーフィードの浄水器は3種類発売されており「スタンダードネオ」「スタンダードクラシック」「シュリンプスタンダード」の3種類がありネオとスタンダードの違いはホースの接続がワンタッチで接続できるようコネクタが最初から同梱されているかどうかの違いとエビに特化しているフィルターが最初についているかどうかの違いのようです。一番ニーズにあった種類をよく検討されて買うのがいいでしょう。

★Sネオ★

★Sクラシック★

★Sスタンダード★