Rio+800 水量を減らさず水流を弱める


先日、底面フィルターのパイプが水替えの際に倒れてパイプが外れてしまい泣く泣くリセットをしたことをお伝えしました。ほんまに水草も成長して根を貼りだしてきたとこだったのでショック。でも、ろ過機能をフルに動かそうとしたら底面フィルターも稼働させないと辛いのでリセットしましたが、このRio+800を使っていますが流量が結構あり60cmワイドの水槽でも洗濯機状態になります。

CheckRio+800
定格周波数:60Hz
最大流出量(L/M):8.0/11.2
最大揚程:130cm

なので吹き出しノズルをして真上に向けると噴水のようになりガラス蓋がビチャビチャになり下手したら水槽外に飛び出していきます。またガラス面に当てたりしても水草がなびきまくりあまり良くない。流量調節ノズルというのもありそれを使うと流量を絞れるのでグルグル回るのもましにになるけども流量を落としたくないではありませんか

それで外部フィルターに取り付けている「ナチュラルオーバーフローパイプ」を水中ポンプのノズルに取り付けられないものかと思って取り付けてみるとバッチリ取付られました。電源を入れてみるとなんということでしょう!嘘のように流量全開でも攪拌状態にならず滑らかにゆっくり回る程度になりました。

水草もゆったりとなびく程度になりエビたちもゆったりとしているように見えます。このオーバーフローパイプの威力はすごいなぁ。ちょっと存在感がありありやけど周りの水草が成長すれば隠れてくるから大丈夫かな。

 

[nlink more=”こんなことがあったんよ” color=”#ffffff” bg_color=”#4169e1″ url=”https://www.wcafes.com/aqua-p/filter/paipu/”]

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧