タマミジンコを濾しとるグッズ

去年、タマミジンコの培養に数回チャレンジしましたが悉く失敗してしまいまして諦めていました。この培養を始めたのが9月位で残暑厳しい真っただ中のことで気温が暑すぎるにもかかわらず室外で培養をしていたが原因で死滅したのかなと今では思っています。種水を買って早ければ3日ほどいなくなってしまってました。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

なのである程度気温の上がったくる春先に室内ですがタマミジンコを再々々チャレンジしています。前回と変更した培養のやり方の違いは何かというと<室内で培養してこまめに水替えをする>ようになったこと。最初はクロレラ水を使っていましたがあまりにも悪臭なのと冷蔵保管ということもあるしコスパ悪い等々を考えて家でグリーンウォーターを培養してそれを使ってます。

スポンサーリンク

今のところ2か月ほど今回は死滅せずタマミジンコを培養しています。多くなったら熱帯魚に与えたりメダカに与えたりして間引いていますけども爆発的に増えたというところまでいかないので何かやり方がわるいのでしょうね。また、コツをさぐりにネット徘徊してみたいと思います。ゾウリムシはコンスタンスに増えていますけどもタマミジンコも頑張って増やしていきたいと思ってるんですが上手くいくかなぁ。

それでタマミジンコの水替えの際にタマミジンコを濾しとるための道具が写真のグッズで本来は茶こしになります。メッシュの目が細かいのでタマミジンコを濾すのに評判がいいらしく使ってみました。小さいミジンコも逃さずに受け止めてくれるので重宝しています。ただ、いきなりこれを使って水を濾すと残餌までの受け止めてしまいますので先に残餌などのゴミを濾してからでないとあきませんね。ゴミを受け止めてミジンコをスルーするろ材を探してみたいと思っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧