タマミジンコ懲りもせずに・・・。

今回もミジンコネタになってしまいました。タマミジンコを少し前から培養を懲りもせずに始めてみました。今回は室内で培養を少しだけチャレンジしています。オークションでタマミジンコを購入しましたが1000匹とか〇〇gとか書いてありますが、ほんまにどうやって計ってるのかと思ってしまいますけども曖昧な数字だと思ってしまいます。とりあえず信用するしかないのですけどね。

1000匹ということで買ってから1か月経過しましたが全滅もぜずに3個の容器にそれぞれボチボチ増えて育っています。今までに数回、めだかと熱帯魚に与えてみましたけども食いつきは最高にいいですね。投入と同時に追いかけ回して奪い合い?ながら食べている様子が伺えます。タマミジンコが爆増したという記事をみますが、私のとこのミジンコはそんなにびっくりした程増えてないような気がしますけど(謎)なんでやろ?

スポンサーリンク

それとグリーンウォーターにタマミジンコを入れて餌にビール酵母の粉とムックリワークを使っています。ビール酵母を入れだしてからなんとなく増えてきたなぁって感じかな。もう少し、増やし方を調べてみたいと思います。参考までに2枚の写真は上がタマミジンコの水を替えた直後のグリーンウォーターです。きれいなグリーンをしていましたが5日も経てば下の写真のようにグリーンとはほど遠い褐色になってしまいます。

こうなると水替えをしないと水質悪化になるので結構タマミジンコの水替えって手間だということが最近判明しました。5日間隔で水を替えてやらないと死滅するようです。大きな容器になると間隔は伸びるような気がしますけども今後の課題にしてみたいと思います。我が家のめだかや熱帯魚に与える分にはこの状態で十分のようにも思えます。

ゾウリムシにしてもタマミジンコにしてもなかなか手間がかかるなぁ。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧