レッドビーシュリンプが抱卵してた!!

去年12月18日に稚エビ30匹を投入して元気に育ってサイズも大人並みになりました。時々キューバの絨毯の上を時間かけて見つめてるんですが今まで全くビーシュリンプの稚エビらしき姿も見たことなく抱卵している親エビもみたことありませんでした。チェリーシュリンプなら絶えず抱卵しているので珍しくもなかったのですが、本日始めてビーシュリンプが抱卵しているのを発見。

嬉しくて動画撮ってしまいましたが、撮影後にすぐに隠れに行ってしまったのでほんの数秒ですが確認できました。お腹のあたりに黒い影がいくつかあるのが見えると思います。上手く姿を見せてくれるといいのですが、楽しみにして待つことにしましょう。脱乱せんといてほしいですね。これからは注意深く目を凝らしてベビーの誕生を観察するとして生まれたらまた、喜んでお知らせしたいと思います。他にも抱卵しているのがいるかも知れませんがとりあえず1匹だけでした。

スポンサーリンク

ここにいてるビーシュリンプがオスメス揃っててホット一安心しました。どちらかしかいてないから稚エビがみれないのかと思ってましたが、楽しみが増えました。ドンドン増やしてくれたらいいなぁあ。

それとチェリーの稚エビ・・・一番下の写真の赤丸の中にいてるんですが、3mm位です。この稚エビがナヤスに捕まって何やらツマツマしている動画も撮りました。これも先日買ったデジタル顕微鏡の撮影機能を使って撮ったんですが、稚エビと一緒に時折バクテリアが泳いでいるのが映ってました。いつもゾウリムシを与えたりしてるのでゾウリムシかPSBのバクテリアのどちらかと思われます。高級な顕微鏡でないので種類を判別できるど映らないです。(笑)

スポンサーリンク

タマミジンコが沸いてくるとよく聞きますけどもタマミジンコが沸けば一番エビたちにはいい環境とのことらしいのですが・・・残念ながらみたことありません。タマミジンコも再度チャレンジしてみようと思ってます。去年数回買ってみましたけども気が付けば容器を3個位に分けて培養していても全滅とか意味わかりません。夏が暑すぎたのかも知れませんが、もう一度勉強して培養してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事一覧