CO2機器

レイズ社製 スピコン3点セット

投稿日:

previous arrow
next arrow
Slider

CubeA水槽にCO2添加を開始するためにスピコンを探していると色々なメーカーや種類のスピコンがあり、値段も様々なので買うのに悩んでしまいます。値段もそれぞれで高いものだと5,000円台のものもありました。流石にこの金額は出せませんよー。前回はチャームのチャームオリジナルらしいピスコ製の低流量タイプのスピコンを¥2,700.-したのですけども超低流量・・・ということばに負けてしまい買いました。確かにレギュレーターのスピコン全開にしての調整でも何回か微調整をしていると希望に近い滴数にはなりました。このときは、始めてのスピコンやったんでこんなもんなんやーということしか思わなかった。

そして今回あらたにスピコンを探しているとレイズ社製スピコン....というのが目に飛び込んで来てスピコン×2 Y字継手×1の3点セットで900円(送料込み)で販売されていました。めちゃ安い!!Y字継手も買わないとCO2を分岐出来ないのでピッタリの商品でした。そして値段もすごく安い・・・でもこういうのって〇〇買いの銭失い!と昔よく言ったもんですけども銭失いでもエエワと思いながらポチリまして商品が届きました。

チェリーレッドシュリンプの稚エビ増殖中のCubeA水槽にCO2添加するためにY字の継手とスピコンを取付けました。ディフューザーは「友家3ターンCO2ディフューザー」にしました。こちらのレビューも後日しますが、スピコンを取付け1秒1滴にしようと調整を頑張りました。レギュレーター側のスピコンは全開です。それで今回購入したスピコンで調整しようとしたら1秒1滴なんて殆ど調整ネジを締め切った状態にしないと出来なかった.....。とりあえず微調整を繰り返し微調整微調整してやっとできましたが、チャームのスピコンならば5分程で出来た作業が20分位必要でした。

今回は分岐させているので多く時間が必要になったのかもしれませんが、とにかく難しかったです。時間はかかりましたけども1秒1滴で調整できたのでOKなのですが、私が未熟なのかもしれませんね。次回買う時は、SMC低速スピコン(AS1001FM-06-J)を買ってみようと心に決めました。

これで30cm Cube水槽2台ともCO2添加しています。チェリーシュリンプが酸欠にならないように添加が終わればエアレーションをしっかり入れようと思います。水草もこれでスクスク育ってくれることと思いますので楽しみですね。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-CO2機器
-, , ,

Copyright© Wcafes , 2019 All Rights Reserved.