熱帯魚

ヤマトヌマエビは脱走名人?

4月28日に糸状コケが水槽内に発生したのでヤマトヌマエビを3匹投入して3~4日でほぼコケを退治してくれました。その後もツマツマしてモスや他の水草のコケのメンテもしっかりしてくれてモスなんかは色鮮やかになったようで見違えるようにもなりましたけども最初の3匹は元気よすぎて水槽内を泳ぎ回りながら移動して目的地(笑)に着けば暫くその場所でツマツマしての繰り返しで3週間程活躍してくれてたんですが、このうちの2匹が一晩にして水槽内からいなくなりました。

朝に餌をやる時に気づいたんですが、3匹のうち2匹がしばらく水槽内を探しても見当たらず、いつもなら餌をやると一番にどこからともなく登場して水面に浮いているテトラの餌を泳ぎながら奪いとってたんですが今日は1匹しかあらわれず....物陰で☆になっているのかと思いながら仕事があるので朝出かけていきました。

仕事を終え帰ってから再度水槽の隅々をみてもエビを発見出来ずで、もしやして脱走したのかと思い水槽の外回りを探してみると何やら飴色になった小さな飴みたいなものが2つ離れて落ちていました。最初ゴキブリの死骸かな?と思ったんですが、ピンセットで挟んで手元に寄せるとエビらしきものの干乾びた死骸でした。やはり脱走していたようですね。

調べてみるとヤマトヌマエビは結構あるらしいのですよね。水槽から他の魚に追われての飛び出しや、水質があわずに水槽内のコードをつたい脱出するケース等が頻発している記事が仰山ヒットしてました。水槽のライトを点けたり消したりするだけでもビックリして飛び出すことがあるみたいです。

ガラス蓋しっかりしていたので飛び出しでは無いと思われますし、水質の変化でも脱出があるそうですが、水質はここ最近一定なのでこれも除外。最後にコードを伝っての脱出が一番可能性があるかと思われます。なんか対策を考えないといけませんね。

とりあえず1匹残ったのですが、本日2匹小さいヤマトヌマエビを追加しています。既存のエビと比べると赤ちゃんくらいのサイズですが、しっかり食事をして早く大きくなってほしいですね。新入りのエビさんも頑張ってくださいね。よろしく!

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-熱帯魚
-, ,

© 2020 Wcafes