めだか

やっちまった!グリーンウォーターリセット!

3日ほど前にNVボックスを購入したので「ひめだか」「針子」を2個のNVボックスに入れて赤玉土を各々底砂として敷いて水を入れた後に薄っすら色付く位にグリーンウォーターを水割りしていれた。こうすることにより太陽光によりグリーンウォーターがだんだん濃くなり飼育水の完成になる筈やったんですが、3日後の写真が上の2枚目の写真のようにクリアウォーターになってしまいました。

確かに薄いメロン色をしていたのに???。二つのボックスの両方が同じ状態になってしまったのでネットで情報を探してみるとグリーンウォーターの飼育水でめだかを育てるのなら赤玉土を入れると弱酸性になグリーンウォーターになりにくい。グリーンウォーターにするには中性~弱アルカリのほうがなりやすいが弱酸性でもならないこともないけども直射日光がガンガン当たる日向に置くようにすることが必要らしいです。

我が家は直射日光ガンガン当たる場所には置いてません。まして、この恐ろしく暑い真夏に置く人っているのでしょうか?直射日光ガンガンの場所にめだかを置きませんよー。めだかが茹で上がります(爆)なので結論としては赤玉土を取り除き底砂なしのベアタンクにしてからグリーンウォーターを水が薄っすらメロン色になるくらい入れて数日太陽光に当ててグリーンウォーターの色が濃くなったところで飼育水の完成となるみたいです。しかし、あまりにも濃くなりすぎると水替えのタイミングらしいです。なんと微妙なことでしょうね。(笑)

赤玉土を取り除きベアタンクにしたのが最上段の写真。写真を撮りましたが光の反射で針子がなんとなくわかる程度にしか写らなくて申し訳ないですが、5匹程小さなのが泳いでいます。写真だと真っ黒に見えますが薄メロン色なんです。「ひめだか」の水槽はグリーンウォーターでは無く普通の水にしておきました。成魚になるとグリーンウォーターでは成長不足になるらしいです。ややこしい話ですこと......。子供めだかにはグリーンウォーターで育てると良いとの解釈でいいのかなー?

ということで「針子」水槽にはベアタンクにしてグリーンウォーターで育て、成魚になるとグリーンウォーターを卒業して普通の水で飼育するということにしました。では、上記自己解釈で育てていきたいと思います。

では一本締めでお願いします。(笑)

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?評価いただけると励みになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-めだか
-, , ,

© 2020 Wcafes