30cmCube A ろ過フィルター

CubeA水槽を外部フィルターに変更しました。


CubeA水槽を4月上旬に立ち上げ開始して3ヶ月を過ぎました。バクテリアも定着して底面フィルターでのろ過も順調にいってるようす。・・・なのですが、チェリーレッドシュリンプも20匹弱現在元気に育っています。先日、お話しましたように稚エビも最近生まれたようで5匹位確認しています。まだまだ3mm位の小さな小さな稚エビですが、これからもドンドン増えてくるでしょうし、水草の成長のためにCO2添加を開始したくなりました。

当初、エビにはCO2添加は水質が変化しがちなので好ましくないと思っていましたけども色々な方のブログをみていると「エビ飼育していてもCO2を添加して水草を育ててもエビに影響しない、むしろ水草の調子がよくなるとエビの調子もよくなるよ」って内容の書き込みが結構ありCO2添加中は水草から発生する光合成による気泡で酸欠にはなりにくいらしいです。ただし、CO2添加を止めたらエアレーションしてやることも重要とのことでした。

なので私もCO2添加をするために現在ろ過している底面フィルターでは、CO2効率が悪い様子なので最初「エーハイム2211」にしようかと思っていたのですが、30cmCubeでも「エーハイム2213」でも「エーハイムナチュラルフローパイプ」をつければ水槽内が洗濯機状態にならずに快適につかえるとの情報を得たので「エーハイム2213」に決定しました。中古も考えたのですが、最近あまりいい中古がでておらず出品があったとしても???の点が多く考えるのが面倒くさくなり新品で購入。

実際、「エーハイム2213」をCube水槽に取付けた感じですが、確かにナチュラルフローパイプを取付けなければ水流は強いと思いますが、「ナチュラルフローパイプ」を取り付け上向きに排水すれば充分使える水流で問題ないですね。ろ過容量が大きいので安心して使用できそうです。

また、吸水パイプの先にエビがいてるのでスポンジフィルターを取り付けようと考えてましたけど目詰まりが激しいようなので躊躇していると「エーハイム プレフィルター」という商品を知り調べると稚エビを吸い込みにくいことなや外部フィルター本体のメンテナンスの間隔を伸ばす事ができるらしく取付けてみることにしましたが、商品が届いてびっくり。もっと小さいのかな?と思ってましたけどもコーラ350ml缶くらいの大きさがあり存在感がすごい!!!でも、活躍してもらいたいと思います。効果の程はは、暫く使用してメンテの時に報告いたします。

今現在は、底面フィルターと「エーハイム2213」の両方でろ過しています。なぜなら「エーハイム2213」のろ過層にバクテリアがおらずろ過しきれないために今まで使用していた底面フィルターのバクテリアでろ過してもらいバクテリアも「エーハイム2213」の方にもらう作戦。こうすると新しいフィルターでもバクテリアの定着が普通よりかなり早くできるはず。1ヶ月位で底面フィルターを止めて「エーハイム2213」だけでろ過していきたいと思います。その後、CO2添加開始ですね。まだ少し時間が必要なり。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-30cmCube A, ろ過フィルター
-, , ,

Copyright© Wcafes , 2020 All Rights Reserved.