30cmCube A 熱帯魚

テトラ3種セット投入しました。

2019-05-12

previous arrow
next arrow
Slider

 

4月12日 先日水槽を立ち上げ水槽関連の用品12点程とテトラ3種セットがCharmから本日届く予定になっています。水槽を立ち上げてバクテリアが定着して水質が安定するまで約3ヶ月がざっくり必要らしいです。

水質が安定するまで(バクテリアが増えるまで)生体をあまり投入すると投入した生体の糞や尿・残餌等で魚にとって有害なアンモニアが発生(バクテリアが少なく処理できない)し水を汚すことになり魚に有害なアンモニアばかり増えて魚が生活できない環境になる。バクテリアの働きとしては、魚に有害なアンモニアを害の少ない亜硝酸に分解、また亜硝酸をさらに無害な硝酸塩に分解するバクテリアがいないと有害なアンモニアがたまり続けてしまいます。

なので最初は飼育数と餌の量を減らして糞や尿・残餌が大量にたまるのを防ぎつつ水換え頻度を週に2回1/3程を変えることにより新鮮な水を維持でき、なおかつバクテリアの繁殖を促せることになります。

上記理由からバクテリアが水槽の中に定着するまでの間は30cmキューブ水槽ならば生体を3匹程度(パイロットフィッシュ)でバクテリア定着を待つ。水槽にこのパイロットフィッシュを3匹程度いれるのは、この3匹の糞や尿が水槽の中にバクテリアを発生させるために必要不可欠なものなのです。パイロットフィッシュは種類は何でも可能らしいが、水質の変化に柔軟に対応できるテトラ系が選ばれるそうです。他にはメダカ等でも可能。あと、水草を植えるのも有効とのことでした。

But!しかし.....

私の場合、3ヶ月間3匹だけの水槽というのが寂しいすぎると思いましてついついテトラ3種セットを購入してしまいました。この内容は、ネオンテトラ、ブラックネオン・テトラ、グローライト・テトラの各3匹で9匹になります。これがあとあと大変なことになってしまうとは、この時点では夢にも思わなかったのですが........。また後日紹介しますね。

で、昼前に荷物が到着しテトラも到着しました。早速水合わせをして1時間後位に水槽に投入完了。9匹ともに元気そうで安心しましたが、やはり3種とも水槽の隅に隠れて様子を伺ってましたが時間の経過とともに偵察に軽く泳いでました。

それとメルカリで購入した水草も届いており、ビーシュリンプには欠かせないウィローモスも気孔石に巻き付けてみました。どんどん増えてほしいものです。今回購入したの水槽の最後部に見えているのが「ミクロソリウム プロテプス」そして気孔石に巻きつけてるのがウィローモスです。

それと飼育用品も同時に届きました。また、タイミングをみて紹介していくことにします。

さぁ、元気に大きくなってくれよ!

水換えは週2回と思いながら、手間なのでこの時点では週1回を予定してましたが......

 

 

 

 

この記事はこちらのサイトを立ち上げる前の内容を自分のメモをもとに日付をさかのぼって紹介しています。日付が合いませんがご了承ください。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-30cmCube A, 熱帯魚
-, , ,

Copyright© Wcafes , 2020 All Rights Reserved.