30cmCube A 熱帯魚

ヤマトヌマエビが抱卵してた。

今日水換えを終えて水槽を眺めているといつも飛び跳ねている一番大きいヤマトヌマエビの姿がみえず探しているとミクロソリウムの葉の裏に貼り付いていました。でも様子がおかしく眺めてるとお腹のあたりになんやら卵のようなものを抱えている様子。盛んにお尻からお腹にかけてを足をつかって擦ったりしているみたいに見えますが?これは卵を産む瞬間なんでしょうか?

暫く見ていると卵らしきものが一粒...二粒...と落ちていってるのを見ましたけどもある程度したらどこかに去っていきました。こんなにあっさりと卵を産み落としても回りの魚やエビに食べられるやん。と思っていたらこれは調べると脱卵というみたいでした。

ヤマトヌマエビは満潮で川の水に海水が混ざり汽水になると卵を放出するといわれるので隔離する水槽には汽水を用意しないとあかんらしくて真水では親エビが卵を放出しないらしいですね。また、始めて知りましたけども卵を産みつける場合とゾエアと呼ばれるミジンコみたいなものを産む場合の2通りありどちらにしても真水では2日程しか生存できないとのこと。なんと...まったくヤマトヌマエビの産卵についての知識が皆無なのでびっくりすることばかり。

卵を抱えてから3週間から4週間位で放出するタイミングになるらしいですが、うちのエビはまだ放出しないのでしょうが別水槽も今の所ないので今回はこのままの状態にしておきたいと思います。ヌマエビが一杯いてると便利なのですが水槽があっての話なので。

ヌマエビさんごめんね・・・

それはそうと最近またアオミドロというか糸状コケがウィローモスにコビリついてきています。あれっ?と思ってからコケが拡がるのがすごく早いのにはびっくりしますが、現状ヌマエビが3匹おりこれ以上ヌマエビを増やすわけにもいきません。ヌマエビが糸状コケを食べてくれるのも限界があるようで最近アオミドロや糸状コケを無視している素振りでしっかり仕事してくれよって感じ。

一説によるとヌマエビも糸状コケを食べるとか食べないとか糸状コケの繊維やアオミドロの繊維が固くてヌマエビのハサミでちぎれないので食べきれないとかいう説がポロポロとあります。好みの固さの時期があるのかも知れませんがどうなんでしょうか(笑)最初にアオミドロが発生したときは1週間足らずできれいに食べてくれたですが。

そんなこんなで効果的な方法でアオミドロや糸状コケを根絶したいと思い暗闇作戦を本日から開始しています。アオミドロだらけになっているウィローモスは暗闇作戦で死滅させることができるのかも知れませんが被害にあってるモスを剥がして破棄。少しでも早く暗闇作戦を解除するためです。

10日程で死滅させられるらしいのですが今回は5日ほどの予定。キューブ水槽をダンボールで囲い真っ暗にしています。この期間は、餌も与えないほうがいいらしいのですが魚達の健康確認のため少量だけ朝に与えようと思います。暗闇作戦は6月6日(木)まで実施予定なのですが水曜日に一度水換えをしようと思うのでこの時の状況で水曜日で終えるかもしれません。

さてさて、アオミドロたち死滅してくれたまえよー

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-30cmCube A, 熱帯魚
-, , ,

Copyright© Wcafes , 2020 All Rights Reserved.