30cmCube A 熱帯魚

糸状苔が・・・ヤマトヌマエビ投入。

2019-05-14

previous arrow
next arrow
Slider

4月26日 数日前からふと気づいたのですが親石に張り付いてるウィローモスがとろろ昆布をかぶったような状態になっており、ところどころウィローモスからか蜘蛛の糸のようなものが靡いているのを発見しました。なんやろ?と思いながらガラス面をみると正面横ガラスに苔が発生しておりそこからも糸のようなものが靡いています。よくよくみると結構水草にもとろろ昆布がついているような。

調べてみると

アオミドロと言われる苔が発生している様子。

なんでアオミドロが発生するのか?

アオミドロが発生する原因としては「富栄養化」であり簡単に言うと魚の糞や尿・残餌などの栄養源が多く、言わばコケが増殖するための栄養が豊富な状態に水槽の中がなっている。富栄養化になる原因としては例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 魚の入れすぎ
  • エサの与えすぎ
  • フィルターの能力不足
  • 水換え不足
  • フィルターの掃除不足
  • 水草用肥料の与えすぎ・・・etc

立ち上げの水槽で1週間~3週間に多いと言われているそうです。バクテリアが発生していないのに魚を入れすぎたり餌を与えすぎたりすると苔に肥料を与えているようなもんですよっ!てことですね。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン。まさしく私の水槽そのままのお話を読んだような気がします。(´Д`) =3 ハゥー

それはさておき、とにかくこのアオミドロをどうやって駆除するかってことなんですが効果的なのがコケ取り生体を投入することが一番はやいと書かれていました。ということはヤマトヌマエビ。ビーシュリンプを入れる予定なので共存できるか?が心配でした。稚エビが生まれた時に誤食されるとか...情報があり、悩んでましたけどもYouTubeをみているとヤマトヌマエビとビーシュリンプがタブレットの取り合いをしている動画があり、コメントに共存しても大丈夫?との質問に対して「生きてる稚エビを食べる事はまず無い。☆になったら食べるかもしれないけどね。」と心強いコメントを見たのでヤマトヌマエビを投入することにしました。

4月28日(日曜日)早速近所のお店にヤマトヌマエビを買いにいき3匹のヤマトヌマエビを購入。水合わせをしてから水槽に投入すると元気に泳ぎ回り早速苔を食べ始めていました。普通は水槽の新しい環境に馴染むまで隠れているようなもんですが、いきなり食べ始めるとは・・・すごい!どれくらいでアオミドロをきれいにしてくれるんやろか?

4月30日(火曜日)仕事から帰ってきて水槽を暫くみているとす・ご・い!!ウィローモスにアオミドロがこびりついていたのに殆ど消えているではありませんか?それどころかウィローモスが色鮮やかになっている。3日間で殆どアオミドロを食べ尽くすなんてどんだけ食欲あるんでしょうね。せやけど見ているときもずーと食べていたような気がするなぁ。

きれいに戻ってよかった。あと少し残ってるアオミドロも宜しく完食してなぁ。これからは水槽の水換えを週2回するので宜しくお願いします。ヤマトヌマエビってほんまにすごいと実感しました。めでたしめでたし、いい奴らやな.....

 

 

 

 

この記事はこちらのサイトを立ち上げる前の内容を自分のメモをもとに日付をさかのぼって紹介しています。日付が合いませんがご了承ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

master

ひさしぶりに....って数えてみると25年ぶりになりますけどもアクアリュウムを再度やってみたいと思いましてブログも同時に立ち上げおまけにシュリンプにも初挑戦することに...?

Recommended Article

-30cmCube A, 熱帯魚
-, ,

Copyright© Wcafes , 2020 All Rights Reserved.